月とスコップ

一念発起の起業から丸5年。風水・運勢プランニング 株式会社エガオール代表  土本晶子(晶月)のナニカアル日々を大阪から。 川柳も詠んでいます。

日々雑感 風水

一生懸命育てているのは「喜びの種」か「苦悩の種」か ~3月下旬 心のざわざわと風水~

2017/01/20

いよいよ3月終盤となりました。年度末です。一年の4分の1が終わります。

毎日、少しでも良い状況がほしくて一生懸命に仕事をしているのに成果が感じられない。信じることを手段に過ごす時間。自分の頑張りは何のためか・・
こんな心のざわざわは、実は風水でその原因を考えることができます。

風水でいうと木行から土行に変わる気の転換期です。木行と土行は相剋の関係なのでこの時期、気持ちが落ち着かない、なんだかざわざわするという方が多いようです。
こんな時だからこそ、少し時間にゆとりをもって動きたいと思いつつ、、なかなか予定通りに運ばないことに気持ちがまた大きく揺れたり・・
ロダン
平成25年の国民生活基礎調査によると、12 歳以上の者について、日常生活での悩みやストレスの有無をみると「ある」が 48.1%、「ない」が 50.6%。
悩みやストレスがある者を性別でみると、男 43.5%、女 52.2%、年齢階級別にみると、男女ともに「40~49 歳」が最も高くなっています。(男50.3% 女59.7%)

一年を通しての数字ですが、風水的には12月下旬~1月上旬(水行から土行) 3月下旬~4月上旬(木行から土行)に悩み、ストレスを感じやすいと考えることができます。
現在、このような自覚症状をお持ちの方は「今がピーク」の可能性があります。どうぞ深呼吸して新鮮な気を取り込んでみてください。

癒しの気があるスポットで過ごすという風水対策はこちらでご案内しています。なかなか気持ちが落ち着かないという方はどうぞお試しください。

-日々雑感, 風水
-, , , , ,