月とスコップ

一念発起の起業から丸5年。風水・運勢プランニング 株式会社エガオール代表  土本晶子(晶月)のナニカアル日々を大阪から。 川柳も詠んでいます。

仕事観 日々雑感

「この先 老後のお金が心配です」 ~人生傾向を知る手段となる運勢鑑定~

2017/01/20

時計
一般的に占い、運勢鑑定といわれているものは

西洋占星術、四柱推命。九星気学などの「命術」
卜術、断易、タロットなどの「卜術」
手相、人相、姓名判断、風水などの「相術」
中国医学、鍼灸、漢方、整体術、手当などの「医術」
気候、食事療法、呼吸法などの「山術」 
の五術に分けられます。
私が仕事で使っているものは命術、卜術、相術、あたります。「術」とはすべ。何かを解決するための手段です。
ですから本来は「当てる」より「解決する」ための方法なのです。

組織や既存のお客様だけではなく新しく初めましての個人の方々に、日頃の問題点と改善したいポイントをお聞きし解決に近づく方法をお伝えする時間が欲しいなと思って始めた江坂での運勢鑑定プラン
「終わったことはいいんですって言ったんです。ただこの先ちゃんとごはんが食べられるかどうか知りたかったんです。」」今日のお客様は、過去受けた占いが過ぎたことばかりを当てようとすることにうんざりしたとのこと。

私は鑑定は迷った時の選択肢のひとつであって、怖がらせるものではなく追い風にしてほしいと思っています。今までは変えられなくても、これからはその人の気持ちと行動で大きく変化していきます。
個々のお手伝いができて、成果が上がることで動かせてゆく大きなものがあります。目に見えないものを育ててゆく仕事。明日もまた新しい繋がりをいただけることに感謝。

-仕事観, 日々雑感
-, , , , ,