月とスコップ

一念発起の起業から丸5年。風水・運勢プランニング 株式会社エガオール代表  土本晶子(晶月)のナニカアル日々を大阪から。 川柳も詠んでいます。

セミナー イベント 日々雑感

話す 聴く 書く の言葉と差があり過ぎる右目 左目と

2017/01/20

「書く」ことが仕事に占める割合は年々高まってきている。商品を売る仕事、料理を提供する仕事、教える仕事、お金を動かす仕事、、それぞれ従事している人がいて、その会社があって、お金を払うお客さんがいて、社会は成り立っている。

私の会社は伝えることが仕事。その手段は言葉。言葉は話す、聴く、書くとそれぞれのステージで文字になったり声になったり。

文字の並び、書く言葉は人なりと思っている。上手、下手ではなくて、そこには温度があって、「伝えたい」気持ちがあれば想いはしっかりと反映されている。
難しい言葉や奇をてらう表現は自己満足なんだろうなあ。文字のコミュニケーションも相手あってこそ。

書く仕事は文字として残る。話しっぱなしではなく、お客さんの手元にいつも私の分身が居る。そう思うとおしゃれするより、元気で素直な言葉を届けたいと思う。

今月はパソナさんで川柳講座が開講。
本業とは違う分野だけど、文字にして「伝える」ことは共通。伝えたい言葉を絞っていく訓練は、文芸の域を越えて役立つ場面はたくさんあると思う。
継続してきたことが、このように仕事として届けられるのはうれしいこと。

風水メール鑑定も重なった今日。右目1.0 左目0.1 老眼なし の視力で今日もパソコン画面と格闘。ありがたい、ありがたい。

-セミナー イベント, 日々雑感
-, , , , , , , ,