月とスコップ

一念発起の起業から丸5年。風水・運勢プランニング 株式会社エガオール代表  土本晶子(晶月)のナニカアル日々を大阪から。 川柳も詠んでいます。

セミナー イベント 仕事観 経営 事業について

突き抜けていますか? ~唯一無二の会社を目指して~

もうすぐ12月。来年のイベントやセミナーの打ち合わせに行くことが増えてきた。

メーカーさんのイベントでは風水や手相などを販売促進の手段として使っていただいているのだけど、来てほしいお客さんの層やメーカーさんが何を注力して売っていきたいのかで、同じイベントでも内容が変わってくる。
ご依頼先の要望は
1 他にやっている人がいない
2 新鮮さがある
3 専門家プロであること
4 (この業界ならではだけど)エンドユーザーさんの不利益にならないこと

4の不利益というのは、例えば、風水相談会やで家の悪い点ばかりを強調する、手相占い等で怖がらせることを言う、、このイメージは「運」や「気」を扱う仕事の場合は「あること」を前提に動いていくべきだと思っている。
イベントが終わって「全然イメージ違ったわ~」なんてお声を聴くと、かえって印象に残るのでありがたいこと。

「どんなことができますか?他でやっている所はないですか?何が一番得意なんですか?」このご質問は必ずいただく。上記の1と2。

イベントやセミナーには旬がある。流行りのことはできる人が多いのだけどその中で何か特徴がないことには、なかなか目に留めてもらえないし選んでもらえない。
だから、いくら引き出しはあってもその見せ方、出し方、ニーズにマッチしたものを先回りして提案することが、この仕事は欠かせない。
あれもできます、これもできます では難しい。

先日の打ち合わせは「これができるとイベントでは初です。いいですね。突き抜けますね。ぜひやりましょう」と新たな提案の機会をいただけることになった。

このお話はこれまでのイベント、セミナー活動を評価してくださったその先のことで、とてもうれしかったのだけど、、その分「突き抜ける」提案をしないといけないプレッシャーも。

突き抜ける。どこもしていないことで選ばれる会社になる。これは想い続けていることだけど、毎日噛みしめて動いていきたい。

-セミナー イベント, 仕事観, 経営 事業について
-, , , , , , ,