月とスコップ

一念発起の起業から丸5年。風水・運勢プランニング 株式会社エガオール代表  土本晶子(晶月)のナニカアル日々を大阪から。 川柳も詠んでいます。

仕事観

未来写真に一緒に居ます 私

未来の事がわかればいいとも思うし、いやいや、これからのお楽しみだから知らない方がいいとも思う。
自分の仕事は「鑑定」という手段でお客さんの未来を覗き見しているのだけど、これは傾向なので100%そのままになるわけではない。
生年月日、出生時間、出生地があって、そしてそこに出生後の時間の流れがプラスされて、運勢が作られていく。運勢はだいたい決まっていても、環境や出会い、選択で吉凶の出方は違ってくる。そんな複雑な人生の流れを読み解いてお客さんのご希望に応じた動き方を提案してゆく。

彼女は30代。ずっと自分のケーキ屋さんとカフェを持つことが夢だったそうで土地探しから建築、店舗レイアウトに風水をプラスし、彼女の運勢から動く時期や動き方を提案している。
彼女はお客さん相手の商売に向き、財を廻す星を持っているので、その特性が伸びる時期にこれからの諸々を重ねていくと「運が味方」する良い結果になる可能性が高い。
まず、今は土台となる土地探しの段階。風水では山、川、道の位置、形、土地の高さ、民家の分布などから土地の吉凶を判断する。
やっと「ここなら」という土地が出てきたので彼女もお店のイメージを膨らませていて、私はそのでき上がったカフェでおいしいケーキを頬張っている姿を思い浮かべている。

お客さんの未来時間イメージを共有できることは、一緒に作り上げていくというミッションにとても大事なことだと思っている。

2年後のその日がとても楽しみだ。ショーケースのケーキ全部食べたい。

-仕事観
-, , , , , ,