月とスコップ 

風水と運勢鑑定を使って「ああ、よかった」と言える今と未来を創る提案を行っている大阪の株式会社エガオール代表 土本晶子です。川柳も詠んでいます。いらっしゃいませ!

仕事観 経営 事業について

安心して進むための存在でありたい ~風水・運勢プランニング活用会社として~

2017/01/20

自社の立ち位置というものをこのところ模索していた。
迷いが入った時は、起業時に作った理念に戻ることにしている。が、しかし、揺れ動く。これは何か。

自信。自信はとても大事だと思う。揺れを自覚した時は必ずと言っていいほど「自信」に不安を持った時だ。
お客さんに対する時には謙虚もいいが、自信がないことは失礼にあたると思っている。自分がお客さんの立場になった時、人生の相談をしている人から仕事への自信が感じられないと不安になってしまうだろう。お客さんを不安にさせてしまうのは避けなければいけないことだ。

風水鑑定の個別面談は新築やリフォーム、引越し時に不安を感じた方がほとんど。特にご相談が多いのが鬼門や引越しの方位や時期、土地や家の形だ。不安に思った時点でどこに行けばいいのかがわからない。
お客さんの中にもどこか、ハウスメーカーさんや工務店さんに「聞いていいいのだろうか、、いや、こんなこと聞いてはいけない。」のような空気がある。
「風水鑑定を受けます。」と言った途端に、営業さんに怪訝な表情をされたという話はこれまでたくさんお聴きした。

サービスを提供する側からすると、過去の経緯や思いこみがあってのこと、イメージもあるだろう。それは承知している。しかし、お客さんの不安をそのままにしておくことのマイナスも大きいと思う。なんたって仕事は信頼関係あってこそだから。
弊社が契約している工務店さんは風水に理解を持ってくださっているところなので、お客さんの不安にも柔軟に対応してくださっている。

これからエガオールがもっと自信を持って伝えていかないといけないことは、家のことだけではなくすべての商品、サービスをエンドユーザーであるお客さんが安心して受け取れるお手伝いをする会社であることだ。

お客さんからも、その商品、サービスを提供する企業、店舗さんからも「じゃ、エガオールさんに鑑定してもらおう。安心できるしね。」と言っていただけるような存在でありたい。

-仕事観, 経営 事業について
-, , , , , , , , , , , ,