月とスコップ 

風水と運勢鑑定を使って「ああ、よかった」と言える今と未来を創る提案を行っている大阪の株式会社エガオール代表 土本晶子です。川柳も詠んでいます。いらっしゃいませ!

読書

桜井章一 藤田晋 共著 『運を支配する」 毎回違う「響く」キーワード

桜井氏は20年間無敗の雀鬼 「雀鬼流漢道麻雀道場 牌の音」代表
藤田晋氏は誰もが知る株式会社サーバーエージェントの社長

藤田氏は20代の頃、桜井氏の道場に通っていたので子弟の関係です。
その後、藤田氏は麻雀を極め、昨年発足した新たな麻雀プロリーグ「Mリーグ」の初代チェアマンに就任しています。

麻雀で勝利を収めるプロセスは経営論と通じるものが多く、桜井氏の門下生は経営者が多いそうです。

この二人が自身の矜持、仕事に向かう姿勢、他者へのかかわり方などを「運」というキーワードで対談形式に綴った本が「運を支配する」です。

藤田氏の本はすべて読んできたので、2015年の発売時にこの本も楽しみに即購入。
なんたって「運」は私の仕事と繋がっているので非常に興味深く読みました。これは初回。

その後、ずっと手を伸ばせば届く場所に置いています。急に読みたくなることがあるので。

昨日もそんな衝動にかられ表紙を開きました。

この本で紹介されているのは「運」をどう伸ばしていくか。運は自分の追い風になるもの。使うべきもの。が前提です。

「想像」について

同じ本を読んだ時、「また違った感動がありました」というお話はよく聞きます。

この本については、全体的な感動が違うというよりは「同じ言葉でも勢いが違う」という感覚です。

例えば「リセット」「ニュートラル」「ゾーン」「素直」「ポジティブ思考」「頑張る」「ツキ」

今回、私が一番心に響いたのが「想像」の捉え方です。
想像には第3段階まであり、これができると相手には心地よい存在となれるということ。(どのような想像かは本を読んでみてくださいね・笑)

何度も読んでいるのに今回はココでした。

また「忘れる」ことの大切さも印象深かったのですが、この「忘れる」 数日前に藤井聡太七段が勝つ秘訣として使っていた言葉でした。

この本を手に取る時の自分の心境は、ほぼ同じ傾向があることはわかっています。

しかし、その時々で感じ方が違っているのは面白いことだと思っています。

調子がいい時も悪い時も、ちょっと違う角度から脳を刺激して策を練りたい方にオススメの一冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

運を支配する (幻冬舎新書) [ 桜井章一 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/6/8時点)

-読書
-, , , , , , ,