月とスコップ 

風水と運勢鑑定を使って「ああ、よかった」と言える今と未来を創る提案を行っている大阪の株式会社エガオール代表 土本晶子です。川柳も詠んでいます。いらっしゃいませ!

日々雑感

「立て!立つんだ!」 丹下段平が宿るタロットカード

たまにですが、自分で自分をタロットカードで占うことがあります。

カードは普段お客様を鑑定する時に使うものではなく、自分専用のカードです。

仕事では風水、四柱推命、九星気学、手相、数秘術、タロットカードなどを使う総合鑑定ですが、その時限定で占うのなら、具体的対策がわかるタロットカードは最適だと思っています。

私、このタロットカードが大好きです。

カードは78枚。五術の中の「卜術」と言われています。

私が自分のことを観たい時、何を一番重視するかというと「対策カード」

当たる、当たらないよりも、今、自分がどんな環境の中にいて、何が援助か障害か、このままいくとどんな可能性があるか、
そして今、やるべきことは・・・

知りたいのはもう終わっている過去よりも今のこと。あくまでカードのことだけど、そこから広げていけば何かヒントがあるというもの。

このスプレッド(並べ方)で一番下のカード、何やら不吉な絵柄ですよね。この場所は「対策」を表します。
カードの意味:自分が壊れてしまうくらいの苦境から立ち上がる。大きなエネルギーを表す。

このカードが対策です。ということは

「立て、立ち上がるんだ!」
 丹下段平が私の背後で叫んでいるようです。

最終結果は「今まで誰もやってないことを堂々をやっている」カードでした。

ただし、立ち上がることが条件。立ち上がらなかったら「変な人」のままで終わりますよ。

なかなか厳しいお言葉をいただきました。

ありがとうございました。

-日々雑感
-, ,